婚約指輪の準備

結婚指輪についての情報が満載です!

結婚指輪の素材について

結婚指輪の素材について 結婚指輪の素材といえばプラチナや金が一般的ですが、実はこれらでなければいけないという決まりがありません。
ステンレスでも銀でもいいので自分たちの決めた予算の中で素材を決めるのがいいでしょう。
ステンレスは見た目はプラチナと変わりませんしアレルギーのある方でも着用できるのがいいところです。
また宝石のついている物でもついていないものでも構いません。
人によって選ぶ結婚指輪の価格に違いがありますが、中には一万円程度の指輪を買う方もいます。
結婚には沢山のお金がかかるので結婚式にお金をかけたいという方は指輪の方は安くするということも多いのです。
安い指輪でも刻印してもらうことも可能ですので記念に残る品にすることができます。
また人と少し違う物にしたいというのでしたら木材でできた指輪を選ぶのもいいでしょう、千年杉でできた結婚指輪もあります、これから一緒に千年の時を刻もうという気持ちを乗せることができますし個性もあるのでおすすめです。
長く使いたいのでしたらやはりプラチナや金がおすすめです。
これらは今素材が高騰していますので万が一生活に困窮した時には売ってお金にできるというメリットもあります。
沢山の選択肢の中から好きなものを選んでください。
夫婦で一緒に選ぶ作業も楽しめます。

結婚指輪の準備はいつから始めるべき?

結婚指輪の準備はいつから始めるべき? 結婚が決まると、式場選びや結婚式の準備、衣装選び、結婚指輪の準備など、大忙しになります。
結婚式には必ず間に合わせたい結婚指輪。
結婚式から逆算して早めに用意するのがポイントです。
では、みんないつから準備に取り掛かっているのでしょうか。
平均的には、結婚指輪を選び始めるのが結婚式の約半年くらい前からのようです。
夫婦でペアのリングにしたければ、二人そろって探しに出かけなければなりませんし、オーダーメイドにする場合は約2~3か月かかることもありますので、選ぶ期間も含めて、遅くとも結婚式の4か月前にはリング探しに取り掛かるのがおすすめです。
既製品のリングであっても、サイズの調整やリングへの刻印など、実際に受け取るのに1か月近くかかることもありますので、早めにとりかからなくては間に合いません。
気に入ったリングの候補が見つかったら、式の日取りなどを伝えて、あらかじめ出来上がるまでの期間をお店の人に確認しておくと良いでしょう。
そうすることによって、結婚式に間に合わないから一番気に入っているものはあきらめて妥協する、という悲しい事態を避けることができます。
結婚の証として一生身に着けるものなので、結婚指輪は妥協することなく選びたいですよね。
一生に一度のイベントです。
後悔の無いよう、早めに準備することを心がけましょう。

水仕事が多い人におすすめの結婚指輪

結婚指輪を作るという時、まず気になるのはデザインやどんな宝石を使うかということですが、結婚指輪は、エンゲージリングと違い、常に身につけるという使い方をするものなので、強度や耐久性といった事にも気をつけて作る必要があります。
繊細なデザインにしたものの、身に付けている内に変形してしまったり、変色してしまったのでは台無しです。
特に主婦の人や、仕事などで水仕事が多いという人は、水などによる変色に強い材質を選ぶことが大切です。
水仕事などの変色に強いものとしては、プラチナやイエローゴールドといった素材が挙げられます。
ピンクゴールドやホワイトゴールドなどは、変色に弱いので、こうした使い方には適していません。
また、貴金属としての価値が低くなりますが、チタンやパラジウムといった金属を素材に用いるのも一つの方法です。
強度も高く、変形にも強いという特徴を持っており、金属アレルギーの人でも身につけることができるというメリットも有ります。

結婚指輪で頑丈なものは

婚約指輪と違って、結婚指輪はずっと装着しておくものですから、きれいで輝きをそのまま保つためには、材質やデザインも考慮する必要があります。
金属には柔らかい・硬いがありますが、同じ金でも24Kはほぼ100%のため柔らかく、傷が付きやすいのでアクセサリーや結婚指輪に使用するのは18Kが多くなります。
プラチナも日本では人気がありますが、外国では工業に使用されるほうが多いため、金が主流となっています。
頑丈さで選ぶなら、ジルコニウムがおすすめです。
錆びにくく丈夫で、医療用器具にも使用されていますので、金属アレルギーの方にも使用できます。
表面の酸化被膜に加工を施すことでカラーバリエーションも表現できます。
頑丈さで最近人気があるのがチタンです。
金属アレルギーの方にも使用でき、錆びにくく丈夫で軽い金属ですので、温泉や海水浴でも外す必要はありません。
表面の仕上げも艶消しやプラチナ以上の鏡面仕上げも自由自在です。

婚約指輪の素材選びについて

婚約指輪を選ぶ場合、様々な素材を選択することができます。
素材選びのポイントとしては、婚約指輪は女性だけ身につけるもののため、女性の好みに合ったものを選ぶことが大切です。
素材の定番としては、プラチナやゴールドが挙げられます。
この二つはデザインや加工がしやすく、変質や変色がしにくい、変形がしにくいという指輪素材としての要素のバランスが良いことが挙げられます。
ゴールドは配合する金属の割合によってイエローゴールドやホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの色を選ぶことができます。
ただし、金属アレルギーの人は配合されている金属によっては症状を引き起こしてしまうため、素材選びをするときにはアレルギーのこともきちんと配慮しておく必要があります。
また、アレルギー症状の出にくいアレルギーフリーな素材もあるため、候補として考えておくこともオススメします。
定番以外の素材としては、ジルコニウムやチタン、ステンレスなど様々なものがあり、オリジナリティのある指輪が見つかる可能性も考えられます。

結婚指輪をローン購入する際の注意点

彼女へのプロポーズが成功して結婚をするとなった場合には、何かとお金がかかることにもなるので、若い人になればまだ貯金が少なくて結婚に踏み切れないという人もいるものです。
しかし、結婚指輪などのブライダルに関するものはローン購入をすることも可能です。
そうなれば、すぐにでも彼女と結婚をすることもできることになります。
結婚指輪をローン購入するという場合の注意点として、審査にかかる時間も考えておく必要があります。
すぐにでも購入したいと思っても、今後の支払い可能かどうかの審査に通る必要があり、まだ勤続年数が少ない若い人であったり、自由業など収入が安定しないという仕事をしている人になれば審査にも落ちてしまう可能性があります。
他にも、結婚をすれば自宅の購入のためのローンが増えることになったり、子供ができれば教育費がかかることになります。
今後を見込んで無理のない支払いができるかどうかを考えて、ローン購入を決断する必要も出てきます。

結婚指輪は毎日付けないもの?

結婚している場合、通常は結婚指輪を付けたままです。
しかし、例外もあります。
医師や看護師など医療にかかわる人は付けないことがあります。
その理由は、衛生上の問題です。
指輪をしていると、指輪と皮膚との間に雑菌が繁殖することがあります。
そのため、医師や看護師は付けないことがあります。
これは、病院によって指輪を規制したりしてなかったりと様々です。
しかし感染症など特殊な患者と接する場合には、結婚指輪を付けることを規制していることがほとんどです。
医師でも手術を行う時には絶対に指輪をすることはありません。
感染症予防の理由からです。
そのような医療関係者の場合、毎日つけたり外したりすることで紛失することがあるため、仕事がある平日は毎日付けないこともあります。
また、他の職業により付けないこともあります。
薬品や食品を取り扱う職業の場合には、所属する部署によって指輪を付けることを規制されることもあります。
また、仕事の内容によって指輪にキズが付くことがある場合には、付けない方もいます。

婚約指輪に関する情報サイト

新潟にあるおすすめの結婚指輪